MENU

肌の糖化とは?

シミを消す

糖化は、糖質(炭水化物)が体内でタンパク質または脂質と結合し、変性・劣化する現象のことを言います。
ご飯に例えると、簡単に想像できます。
炊きたてのご飯は白くツヤがありますよね。それを放置していると、だんだんと黄色っぽく変色し、お米の弾力も失われます。これが、糖化という状態です。

 

ご飯にたとえましたが、これと同じようなことが肌に起こることがあります。
肌が糖化すると、肌の色は黄色っぽくくすみ、ハリも低下して弾力が失われてしまいます。

 

このように肌が糖化する原因は、主に食生活にあります。
甘いものや糖質の多いパン・ご飯の食べ過ぎによって、肌の糖化が起こりやすくなります。さらに野菜不足になっていると、肌にはさまざまな影響をもたらします。

 

このような食生活を続けて糖化が進行すると、次に肌のターンオーバーが低下し、乾燥や肌のごわつきなどの症状が出はじめ、シミもできやすくなってしまいます。
さらに糖化生成物は一度できてしまうと体内に蓄積されると言います。

 

このような糖化現象から脱するためには、まず食生活を見直しましょう。
ひとつは、糖質の摂取量をコント―ロールすることです。
甘いものが好きな方はケーキやお菓子などより、ドライフルーツやナッツを適量摂り、コントロールしてみましょう。
飲み物にも糖類を含んでいるものがあるので、たとえば缶コーヒーは糖分が入っていないものを選ぶなどの工夫も必要です。
パンやご飯などの糖質の多い主食については、たくさん食べなければ問題ありません。少し量を控えたり、その分、運動してエネルギーとして使い切ると問題はありません。

 

また、野菜不足も影響すると言いましたが、食物繊維の補給も必要不可欠です。
食物繊維を摂ることで糖質や脂質の吸収を抑える効果があるため、先に野菜サラダや海藻類を食べて、メインを食べるなどの「食べ順」も取り入れてみましょう。

 

糖尿病対策と同様に、血糖値を急激に高めない食事療法が糖化対策になります。たとえば、ご飯を玄米に変えたり、白砂糖を黒糖に変えるなどの工夫が功を奏します。