MENU

20代の美白と40代の美白

シミを消す

ある調査では、「26歳」と「42歳」がとくに肌に大きな変化があらわれることが判明しています。前後をみると、20代半ばの方、40代前半の方は油断できません。

 

子どもの頃、プールや外遊びで日焼けをしたことがある人が多いと思います。ですが、紫外線の多い時期を超えると、自然と肌の色が戻りましたよね。
子どものうちは肌の修復作用もスピーディーなので、滅多にシミができることがありません。
しかし、その受けたダメージはすべて無になっているわけではありません。
積み重ねた結果、大人になると肌に変化があらわれはじめます。

 

年齢を重ねるとどうしても肌の機能が低下します。また、生活習慣によっても影響します。
その結果、大体26歳、42歳になると肌に大きな変化が見られると言います。

 

20代でもまだシミはできづらい状態ですが、シミが隠れている状態です。
あくまで肌表面がキレイに見えるだけであって、その内部を探ると、メラニンが増える傾向にあり、年を重ねるにつれてシミが増えてきます。
40代にもなると、肌表面にはハッキリとシミがあらわれはじめ、色むらやくすみなどの肌トラブルも起こります。

 

美白ケアはなるべく早く行うものです。
まだシミができていない、目立たない程度の方でも、早めの対策をおすすめします。

 

できてしまったシミを改善したい方には医薬品の「ロスミンローヤル」が一押しです。
これから先のことを考えてシミ対策したい方には「ポーラのホワイトショットインナーロックSX」をオススメします。