MENU

L-システインのシミの有効性

シミを消す

ロスミンローヤルなど、当サイトでもオススメしているサプリメントでも使われているL-システインという成分。
美白サプリに留まらず、美肌サプリなどによく使われている傾向にあります。

 

シミとの関係ですが、根本的な原因の「メラニン」に対して働きかけます。
とくに『ビタミンC』との相性がよく、同時に摂取することでメラニンの生成を抑制し、さらに過剰にできたメラニンの黒化を防いで無色化する働きがあります。
しかも、肌のターンオーバーを整える働きも持っています。このように、シミ対策と美肌に重要な働きが備わっていることから、L-システインは注目を集めています。

 

前述のとおりビタミンCとの相性がいいので、L-システイン配合サプリメント選びの際には、ビタミンCが配合されているかもチェックしてみましょう。
一緒に摂ることで色素沈着の予防および改善に効果が期待できます。どちらも単体でも美白に良いと言われていますから、相乗効果に期待大!

 

L-システインは非常に優れた働きを持っていますが、効果を求めたいからといって、過剰摂取しないように気を付けてください。
1日の摂取目安は約500mg〜1.500mgまでです。限度を超えた場合、美白とは真っ向に、活性酸素を増やす恐れがあります。
他にも、だるさや吐き気、蕁麻疹、白髪など他の症状を誘発してしまいます。

 

もちろん、サプリメントを利用して、このような過剰症が簡単に起こるわけではありません。
1日の摂取目安を守らずに多く摂ることで過剰摂取を招くので、必ず用法用量を守りましょう。