MENU

L-システインの副作用

シミを消す

L-システインは美白やシミケア、ターンオーバーを整えるなど、さまざまな美容効果に期待できる注目成分です。
適量の摂取を継続的に行うことで効果に期待できるのですが、誤った服用によって副作用のような症状を引き起こすことがあります。

 

とくに噂になっているのが、「白髪になる」という話です。
実際のところは白髪が増える程度です。
L-システインはメラニン生成を抑えるため色素が抜けて、それが髪の毛に影響することで白髪になると考えられます。
ただし、L-システインを摂取したからといって必ずしも白髪になるわけではありません。
もっとも、過剰摂取した場合に起こりやすいトラブルです。

 

また、この副作用を防ぐ方法があります。
ビタミンの「ビオチン」と一緒にL-システインを摂る方法です。
ビオチンには髪を丈夫にする働きがあり、逆にビオチン不足は白髪の要因になると言います。ですから、L-システインと合わせてビオチンもサプリメントで摂ると、白髪トラブルを回避できます。

 

その他にも、L-システインは過剰摂取すると、体調に影響することがあります。
必ず、用法用量を守って摂るようにしてください。